[C100]夏コミ欠席と自家通販のお知らせ。Blog

Illustratorで表紙を作る(長方形に塗り足しを作る)

ゆうきあずさ

Photoshopに慣れてからIllustratorを触ると「同じ機能名なのに挙動が違う」ことが多々あり、混乱します。(しました)「Photoshop使いのillustrator」は同じ悩みを持つ同志に向けた「私はこう解決した」記事をまとめています。

目次

新規ファイルを作る

新規ファイルを作ります。印刷タブから既存のテンプレートを選んでもいいですし、右の詳細パネルで任意の数字を入れても作れます。

カラーモードは「CMYK」もしくは「RGB」から選びます。モノクロ(単色)でも「CMYK」を選択します。Photoshopではちょっとしたことで「100%黒」が「98%グレー」に変化してしまいますが、Illustratorでは変わりません。(カラーフィルターや透明度を弄れば別ですが)

長方形を作る

ドキュメントが表示されます。黒枠が印刷される範囲、赤枠が断ち切り範囲です。

図形(長方形)ツールを選択し、キャンバス上でダブルクリックします。仕上がりサイズの数値を入れます。

「角から手動でマウスドラッグ」しても同様のことはできますが、印刷用途のデータは数値に厳密です。

なお環境設定の単位が「ピクセル」になっていても、ダイアログ上で「ミリ」と指定すれば、メートル法換算で作られます。Photoshopでも可能なTipsなので、試してみてください。

長方形を中心に揃える

「角から手動でマウスドラッグ」しても作れますが、整列の一手間が入ります。

  1. レイヤーパネルの長方形オブジェクトを選択する。
  2. 上部メニューバーまたは整列パネルで[中央揃え(垂直)][中央揃え(平行)]を実行。

ドキュメントの黒枠にピッタリ添いましたが、赤枠は残っています。裁ち切りがある表紙を作るには、赤枠まで面積を広げなければいけません。

塗り足しありの長方形を作る(パスのオフセット)

「パスのオフセット」で塗り足し(3mm)を加味した長方形を作ります。

  1. 長方形を選択し上部メニューから[オブジェクト→パス→パスのオフセット]を選択。
  2. ダイアログに塗り足し「3mm」を入力。
  3. 塗り足しを加味した長方形が複製される。

画像を配置する(クリッピングマスク)

塗り足しのない長方形は削除します。(もちろん残しておいてもいいです)表紙画像を配置していきましょう。上部メニューから[ファイル→配置]で読み込みます。

  1. レイヤーパネルで長方形を上、画像を下に順序を変える。
  2. レイヤー右側の○を[Shiftキー]を押しながら複数を選択。どちらも◎にする。
  3. 右クリックメニューから「クリッピングマスク」を実行する。
  4. 塗り足し範囲(赤い長方形内)に画像が収まる。
  5. 必要ならば整列を行う。

PhotoshopとIllustratorの決定的な違いは「レイヤーに連結するマスク」がないことです。クリッピングマスクも「手慣れた感じ」では操作できません。しかしIllustratorでの拡縮は元データの解像度を弄るわけではないので、無限にやり直しがききます。

目次