8/13[C100]土曜日/東ヘ-07bwebカタログ

十四歳

猫ト指輪ト蒼色絵本[目次]へ戻る

○暗転。

国によって違うけど、たいてい大人になる年ってのは全国共通っぽい。
そうだな、だいたい十八歳が共通。たまに十六歳とか二十歳ってのもある。
アロランディアは何歳なのかって、先生に聞いたら『十八歳』だって言ってたから、まあ普通かな。
――だから、俺はどこでもまだ子ども。大人になるにはもうちょっとかかる。
十八歳まで、あと四年もあるんだぜ。遠いよな。
――いや、近いのか。……あと四年しかないのか。そうかもしれない。
少なくとも、俺にとっては。……だって俺は決めてない。
普通の人間なら生まれた時から決めている事を、決めていないんだ。まだ。
『アンヘル族』は性別を思春期に分ける。
それは死んだ母さんからも聞いていた。小屋に遊びに来ていた学者とかにも言われた。
恋をして、パートナーを決めること。
それがアンヘル族が大人になることなんだって。
――だけど、俺は他のアンヘル族に会ったことがないし、男と女のどっちの体もまじまじ見たことなんてなくて。
今の体がどうやって男か女になるんだろって……想像もつかないんだよな。
別に生きていくのに不便は感じないしさ。
それに、男だ女だって、どうして分ける必要あるんだろう?
性別なんて、大して意味ない気がするんだけど。
そんなことを先生に言ったら、微妙な顔して笑われたんだけど。
――「ユニが分化するのは、本当に、相当先になりそうですねえ……」
困ったような、呆れたような、そんな仕草で頭をひと撫で。
月一回の健康診断のたび、それがすごく申し訳ない。
先生は早く俺のことをひとり前に、大人にしたいと思ってくれているから。
もちろんそれは厄介払いとかじゃなくて……ただ、純粋に好意で。
だからこそ、俺はいつも心の中で、ごめんなさいって思うんだ。
(だって分化しちゃったら、先生と離れちゃうんだろ?)
いつの間にか気づいてた。先生は期限を決めてる。
もしかしたら、助けてくれた最初から。
俺と先生の別れの時は……俺が分化した時だって。

○魔法院廊下。

【ユニシス】「ふああ〜……ねむ……」

○豪快な足音。

【アクア】「とうっ!」

○画面揺れる。アクアとぶつかる音。

【アクア】「! ……まあ! ……しんけんしらはどり」
【ユニシス】「お前の朝の挨拶はワンパターンなんだよ! いい加減慣れるわっ!」
【アクア】「ちっ……またむしゃしゅぎょうに出ないとだめかしら……」
【ユニシス】「ああ、行け行け。勝手にな。まったく、朝っぱらから……って。えらく早起きだな。お前。まだ五時だぞ?」
【アクア】「うん、今日は早起きなの。えらい?」
【ユニシス】「へえ、じゃあメシの支度、手伝ってくれんの? ま、台所には入らなくても色々やってもらうことはあるし〜……。そうだな、ゴミ出しと、食器の用意と〜」
【アクア】「ううん、遊びに行くからお弁当欲しいの。作って」
【ユニシス】「はあ?」
【アクア】「……マリンたちと海に泳ぎにいくの。いいでしょ?」
【ユニシス】「……お前ねえ……作ると思うか、ばかっ!」
【アクア】「む〜……けち……」
【ユニシス】「けちじゃないっ! 働かざる者食うべからず! それに、マリンがいるなら弁当はあいつが作ってくるだろ、たぶん」
【アクア】「作ってくるだろうけど……たぶんすごいから。あんぜんさく」
【ユニシス】「は?」
【アクア】「葵の食べたいものをつくるんだって。……きっとふつうにはなんないから……」
【ユニシス】「……あ〜、なるほど。そうかもね」
【アクア】「なっとくした? だったら、お弁当」
【ユニシス】「当たり前みたいに手を出すなっ! だめだったら、だめっ! 我慢して食ってこい!」
【アクア】「……いじわる〜……ふんだ」
【ユニシス】「こっちだってフンだ!」
【アクア】「いってきちゃうから。……夕方にはもどる」

○アクア消える足音。

【ユニシス】「……ったく、何でもお願いすればいいと思って。台所の防衛線は死守するぞ。うん」
【ユニシス】「……でも、葵の食べたいモンって、『ニホンショク』って奴だよな……。あの、よくわかんない、黄土色のスープとかの……」
【ユニシス】「……」
【ユニシス】「……ヒマだったら、作ってってやるか」

○青空。

見上げると、にょきにょきと入道雲。
夏はまだ終わらない。
大陸に比べると、アロランディアはずいぶん暑い。
海に近いと涼しいかなと、ここに来る前は思っていた。
世界は広い。知らないことばかりだ。……一体どこまで続いているんだろう。
アロランディアが世界の果てだったのなら、気が楽なのに。
旅は終わってここにずっと、いられるから。
――何も変わらないままで。

【ユニシス】「あてっ」

ギシ、と膝のあたりが痛む。ここのところ、頻繁あるこの痛み。
それはなんだか不吉の予感。
『成長痛』だと、先生は言っていた。
最近の俺の体は、主の意志に反して、どんどん違う生き物になっていくみたい。
いつもどこか熱っぽくて、動いていないと気が変になっちゃいそうだ。
特に、あいつらといると。
アクアたちが来てから、時間は前よりずっと早くなった気がする。
騒がしい朝、忙しい昼、慌ただしい夜。
――そんなの、俺にとっては望まない日常だったのに。

【ユニシス】「……さて、朝飯作ろうっと」

――今日はきっと暑くなる。だから、氷も作っておこう。
庭で作ったミントを使えば、きっとより涼しく、おいしい飲み物になる。
先生が起きてくるのはお昼過ぎ。寝起きにはきっと丁度良いから。
――でも、ひとつだけ作っても余るから。
(まあ、五人分くらいは大変じゃないよ、うん)

○海岸。

【ユニシス】「……あっちー……」

サンドイッチと、鳥の唐揚げ。魔法で凍らせたミントウォーター。
それを四人分担いで、海岸へ出る。
アロランディアの砂浜の粒は小さい。
さくさく、といい音がする。ブーツじゃなくて、サンダルで来ればよかったかもしれない。

【ユニシス】「おーい、アクアー! めーしー!」
【マリン(オフ)】「あれ〜、ユニシスさーん?」
【アクア(オフ)】「あれ……もしかして、ごはん……?」
【葵(オフ)】「おお、こっちじゃこっちじゃ! おぬしも泳ぎに来たのかー?」
【ユニシス】「ちょっとヒマができたから、様子見に来ただけだよ。あと、昼飯が余ったから、届けに……」

○一枚絵 三人娘の水遊び。

【ユニシス】「なっ、なんて格好してんだ! お前らっ!」
【マリン】「えー? 暑いから、脱いだだけですよ?」
【葵】「うむ、暑気払いは水遊びに限る。おぬしもそんなところで突っ立っておらんで、一緒にどうだ?」
【アクア】「……きもちーよ。ユニシス」
【ユニシス】「……っ! こ、断る!」
【マリン】「えー、なんでですかー?」
【葵】「何をそんなに怖がっておるのじゃ。アロランディアの海は温かい。今の季節なら風邪も引かぬぞ?」
【ユニシス】「いいっ! ぬ、濡れたら洗濯も大変だし!」
【マリン】「あはは、おかしい、ユニシスさん。お洗濯だったら、どっちにしろ水に濡れるじゃないですか」
【ユニシス】「……!! うっ……」
【アクア】「ぴーん……わかった。……ユニシス、泳げないんだ……。そうでしょう……」
【ユニシス】「えっ!」
【マリン】「そうなんですか? ユニシスさん。わ、意外〜!」
【葵】「ふむ、なるほど、そうか。泳ぎが苦手とは……それなら嫌がるのもムリはないか」
【ユニシス】「そ……そうそう! お、俺って泳げないんだよ。だ、だから海とか川とか、苦手なんだ。そ、それじゃ!」

○画面揺れる。ユニシス倒れる。ばしゃーん!

【ユニシス】「ぐあっ! 辛っ……」
【アクア】「……ふふふ、にがさなーい……」
【ユニシス】「アクア! た、体当たりなんて、卑怯だぞ! べ、弁当がどうなってもいいのか!」
【マリン】「それは大丈夫でーす! ほら、私がしっかりキャッチ!」
【葵】「動いてまた小腹がすいたところだ。ありがたく頂こう」
【アクア】「だーかーらー、あーそーぼーよ……泳ぎ、教えてあげるよ……ふふ」
【ユニシス】「うっ……邪悪な笑顔……。離せーー!」
【アクア】「いや」
【ユニシス】「はーなーせーー!」
【マリン】「あはっ、大丈夫ですよ〜。このへん、すっごく、浅いですから!」
【葵】「うむうむ、そんなに心配せずとも大丈夫じゃて。いざとなれば、私が助ける。これでも泳ぎは得意なのだぞ?」
【アクア】「ふふふ……わたしのほうが、おねえさん……。泳げるから……」
【ユニシス】「ばかっ、くっつくな!」
【マリン】「はい?」
【葵】「くっつかねば、溺れてしまうぞ?」
【アクア】「ユニシス、バタ足はそうやるんじゃないよ〜」
【ユニシス】「バタ足してるんじゃない! 抵抗してるんだー!」
【マリン】「えー〜? どうしてそんなことするんですか〜? 泳げると、楽しいですよ?」
【葵】「暴れるから余計に苦しくなる。ほれ、捕まえてやるゆえ、体をゆっくり水に浮かせてだな……」
【ユニシス】「あーー、もう! どいつもこいつも、俺に触るなー!」

○ばしゃっと水音。

【マリン】「あっ、ユニシスさーん!」
【アクア】「……涼しいのに〜」
【葵】「また来るがよいぞー! ちゃんと泳ぎは教えるゆえー!」

○暗転と足音。

【ユニシス】「はあ、はあ……最悪」

○魔法院廊下。

ぜえぜえと荒れる息を俺は無理矢理に飲み込む。
落ち着き無くうるさく響く、胸の鼓動も、残る感触も。
俺はそれを思わず手近な壁で紛らわす。

【ユニシス】「あーー、もーーやだ! 何考えてるんだ、あいつら! 少しは恥じらいとか覚えろ!」
【ユニシス】「女って、だからやだ! 俺は絶対、絶対あんなのにはなんねー! ……う……」

――激しいめまい。思わず膝をついた。
触られるのは好きじゃない。誰にでもだ。
けど、今は……残る『触った』感覚が怖い。どきどきする。
なんだこれ、なんだこれ、なんだこれ。

【ヨハン】「ユニ? 帰ってたんですか」
【ユニシス】「わっ!(フォント大)」
【ヨハン】「「……わっ!? な、なんです? お、驚かせないでください」
【ユニシス】「せ、せせせ、先生! どどどど、どうしてここにっ!」
【ヨハン】「「どうしても何も……ここは魔法院ですから。私がいるのは当然じゃないかと……ユニ? 顔が赤いですよ、具合でも……」
【ユニシス】「なんでもないですっ!(フォント大)」
【ヨハン】「「……まあ、そ、それならいいんですけど……。風邪は引き始めが肝心ですから……大事になさいね。じゃあ、私は出かけてきま……わっ!?」

○暗転。

【ユニシス】「……っ」
【ヨハン】「「……ユニ? どうしました、突然抱きついたりして」
【ユニシス】「……」

○復帰。

【ユニシス】「……ごめんなさい」
【ヨハン】「「何を謝るんです? ……しょうがないですね。まだまだ、子どもなんですから。……話があるなら、なるべく早く帰ります。それでいいですか?」
【ユニシス】「いえ、大丈夫です。仕事、頑張って下さい。ソロイ様に怒られないように」
【ヨハン】「「それは、結構難しい注文ですねえ。……まあ、鋭意努力致します。それではね」
【ユニシス】「はい」
【ヨハン】「「アクアさんたちが帰ってきたら、ちゃんとご飯を一緒に食べるんですよ。変な意地悪は許しません」
【ユニシス】「う……は、はい……」
【ヨハン】「「よろしい。それじゃ」
【ユニシス】「……いってらっしゃいませ……」

○ヨハン消える。

【ユニシス】「……ふう。よかった……」

胸の鼓動。どきどきする何か。心。血の巡り。
先生といると、いつのまにかそうなってる。
先生に触られると嬉しい。楽しい。幸せだなって思う。
ほんのり残る、人のぬくもり。最初に与えてくれた、始めての他人。
それが俺にとっての世界の温かさ。
――守りたいと、ときめいた。

【ユニシス】「……そうだよ。これが、一番目だって。うん」

このどきどきは、先生とのもの。
他の誰かにするものじゃないんだって。
幸せはここにある。……他の誰かとじゃないはずだ。
それでも、目を閉じると蘇る。
(……女の子って、柔らかいんだな)
先生の手は固くて乾いて、温かい。俺はその、働いた手が大好きだ。
――じゃああいつらの手は、足は……ほかのところは。

【ユニシス】「あー、やめやめ! 考えるのやめ! それ以上は考えるの、禁止、禁止、禁止ーー!」

思考停止は魔導師の禁忌。わかってる。
知識の研鑽、内面世界への侵入、そして解析。
それが魔法を身につけるということだ……けど。
(これ以上考えたら、パンクしちゃいそうな気がするよ)
触れてはいけないものに触れた気がした。
俺はまだ男でも女でもない。
なのに、ドキドキは止まらない。
――さっきから頭の端に追っ払ってる、考えも。
(もう一度、あの気持ちのいいものに)

【ユニシス】「だから、考えるなって言ってるだろー!」

だって、それは大人の世界の事だから。
本能でわかる、その区分け。だから、絶対、二度と、その日までは。
俺は気持ちを封印する。

【ユニシス】「しっかし……あいつら、俺が中性だからって油断しすぎだよ……」

――もしも自分が大人の『男』になったなら。
きっと今日のことを説教してやろうと思う。
――「男は狼なんだから、気を付けろ」って。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる